情報漏えい防止システム
基本機能

IP-guard「基本機能」は、PC/ユーザーモードによる制御を行うことができ、IP-guard製品を構成する基本要素及び基本機能を提供するモジュールです。 
IP-guard製品を利用するためには、このモジュールが必須となります。

機能

基本コントロール&ポリシー

IPアドレスとMACアドレスの関連付けを行うことが可能です。それによりIPアドレスの不正変更を防止できます。PCのロック/ロック解除、ログオフ、再起動、シャットダウン、メッセージ送信などを行うことができます。Regedit、コントロールパネル、コンピュータ管理、ネットワークプロパティ、Active X、システム復元など、システム管理ツールの使用権限が制御可能です。


基本情報の収集

PC名、ユーザー名、IPアドレス、OSなどクライアントPCの基本情報を収集します。起動日時、最終オンライン日時、最終アクティブ日時の収集から社員の勤務時間を把握できます。シャットダウン/スタートアップ、ログイン/ログオフ、ダイヤルなどの操作をログとして記録します。ポリシー抵触時のアラートログを提供します。ポリシーの適用状況を確認できます。


アラート機能

PCの稼動状況をリアルタイムで監視します。ソフトウェア、ハードウェアまたはOSの構成が不正に変更された場合、即座にコンソールへアラートメッセージを送信します。